« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

花粉症

何時からだったかな。花粉症になったの。
もともと小学生のころから
軽い蓄膿症と言われたり鼻炎だと言われたり
どっちかよくわからないのですが,あまり
鼻は良くなくて,耳鼻科に通っていました。
そして,気がついたら一緒に
花粉症も診断されていた気がしますwobbly

でも,今は花粉の時期と風邪の時期以外は
普段は通わなくてもさほど気になりません。

今の季節は季節の変わり目もあり,体が疲れやすく,
暖かくなってきてただでさえ眠くなるっていうのに
ヒスタミンで眠気を助長されては困るsleepy
ということで漢方をだしてくれる病院なので,
鼻炎でも風邪でももらう鼻水を止めてくれる
小青龍湯を貰っています。

これ,お店で買うよりお得だし,昔はあわないかも
と辞めた時期もあるのですが,今は鼻水によく
効くのでこれだけをいただいています。
耳鼻科hospitalは待ち時間が長いのが辛いのですが,そう遠くない
うちに一度先生に診断してもらえれば花粉症
くらいだからか薬だけもらうこともできるので
費用も時間も節約できます。

風邪もだいたい鼻水が出始めると
喉にきて腫上がり熱が出るというパターンなので
最近は,内科より耳鼻科に行っちゃいます。
この漢方と普通の薬を貰ってしまったほうが
さっさと初期のうちに食い止められているような
気がします。

仕事中に,なんか鼻の上の方が重くなってきてない??
と気がつくと飲み忘れてたと気がついてすぐに
飲んで気持ちも入れ直します。

そしてかゆみはあの鼻に塗る薬sign01とマスクで
抑えています。

そして目のかゆみ。
ここのところちょっと充血気味だし軽くかゆい。目薬は
目にさすだけなら飲むより眠くならないかなと
ヒスタミン入りの目薬を薬局で買いました。

ところが,あのスキーskiのあとで疲れも
あったからただ眠くなったのか,弱った体に効きすぎたのか
がんがんに眠くなって大変でした(笑)

さすとなんか目がきゅーっつとする感じはあるんですが
(これも目が疲れているからか?)良く効くので
挿した時は先のトラウマもあるので必ずコーヒーを飲んだり
カフェインを接種するようにしています。
それでも眠くなるんですけどねgawk
それは,単に薬のせいじゃないような気がしますが,
やるだけのことはやっておけば気休めになります。

もう本当にこの時期は薬持ちですが,これで花粉の不快感によって
集中力が途切れずにいられるので仕方ありません。

だいたいゴールデンウィーク位まで続くので梅雨は嫌ですが
早くこの時期が終わらないかと思っていますrain

最近,周りでは花粉じゃないの??と思うような人がちらほら。
でも皆否定するんですよね(笑)気持ちはわかります^^
ただの風邪だったなんて人もいましたが,明らかに花粉症では?
と思う人には早めに降参して処方してもらった方が楽なんじゃ
ないかなあと思うのでした。




人生初スキー2

ぼろぼろになって宿へ帰り,彼に文句をいいつつ
でも翌日分のリフト券ticketも買ってしまったし,一緒に
帰らすのも悪いし,私も悔しいし,でも怖いし
とさんざん一晩悩みました。

そして,結論がでないまま翌朝になりましたsun
するとなんなんでしょうか?体を動かし,
疲れてぐっすり久しぶりに寝たせいか,
あれほどの恐怖心がするっと抜けて,
またやってみるかと言う気持ち
になれたのです。

結局,懲りずに講習の時に滑った短くて緩やか目の
ところで練習をすることにしましたsweat01
でも,これでいいのか?滑れる彼に聞いても感覚的
に身につけている人なのでよくわからず
混乱してきました。

そこで,彼からお詫びでレッスン費をだしてやるから
また講習を受けてみたらということになりました。

するとラッキーなことに30分短縮されたものの
マンツーマンで教えてもらえました。
昨日の先生とは違って理論的なことから教えてもらえたのが
よかったのか大分滑り方がわかりました。
初めはストック無しで練習しました。怖かったですが,
先生もいるし安心して出来ました。
足の裏の使い方,膝の向きなど
なにが大切かよくわかりましたflair

基本のボーゲンは,正面に向かって真っすぐ
滑るときは,足の裏の外側の爪先よりの方へ重心を置き,
すねをブーツに当てるようにして膝も内側へ入らないよう
板の先と同じ方を向けます。

右に曲がるときは,重心を左の足の裏かかとの方
へゆっくり移します。
ここで左へ曲がる時は,一度正面に向き直し,
そこからゆっくり右足に重心を移していきます。

私は,この時一度正面を向く時は重心も踵から
爪先の方へ移ることもあって不安定になりやすくなるので
すぐに曲がろうと急激に方向転換しやすくて特に左に
曲がるときの重心が上手くうつせず苦手でした。

だいたい得意な方と苦手な方が皆あるとのことでした。

先生も地元の方で子供の頃から滑っているので
感覚的に身につけたらしく,滑れないという
ことがよくわからなかったと言っていました。でも
そういう感覚で滑れる人と理論を説明して滑れるように
なる人といて,でもどちらが良いと言う訳でもないという
ことでしたが,私は後者のほうでした。

その後ストックを持ち練習をしました。

そして,いよいよ最後受付へ戻るコースへcoldsweats02

受付まで戻る為には
今いる短めの緩やかなところと昨日転んだコースの
間にある長いコースを降りなくてはいけません。

昨日も講習の最後に滑ったものの講習の始めに滑った
緩やかめの所と傾斜は同じくらいとfuji
いわれても長いので上手くコントロールできない
私には,結構つらく,下にいる人や景色がえらく小さく
とても高いところにいるような気分なるのでもの
すごく怖くなりました。

さらにいうと,朝もここを
滑らないと受付まで行けなかったのでまたチャレンジ
したのですが途中で幅が広いため右は緩やかなのですが
左側は急になり中級者向けになるというところで,間違って
途中まで左に入った私は,後ろから彼に呼び止められ
たのでした。このときも,ここから緩やかな場所へ
戻るのに苦労したのですweep

直ぐ右に戻ればいい,横断する
斜面もそんな急な角度じゃないといわれるものの
先が見えないので怖くて結局半泣きで急に止めるな!
とか先に言ってくれればいいのに!などとむちゃくちゃ
に怒りながらcrying結局板を外して緩やかなところと急になる
ところの境まで上り直しました。なんとか降りたものの
ぐったりでした。


でも,先生の良い先導もあり,今回は昨日よりも大分上手く滑れるように
なれて恐怖心が半分くらいで転ぶことなく降りて来れましたhappy02

講習後,宿まで変える道中,彼に先導してもらいながらも
なんと昨日は全て板を外して泣きながら
帰ったところを全て滑って降りてこれたのですhappy02

彼も,昨日と偉い違いと驚いていましたsmile

久しぶりの達成感でしたwink
そして,なんとか滑りきったという感じでしたし,おへその
向きも上半身をひねりすぎて進行方向を向いてなかったり
したし,もう一日習って上手くなりたい!!と思うように
なっていました。

帰ってから周りの人に聞くと,一日目泣きそうになるのは
よくわかる,私もそうだったという人ばかりでした。
話を聞く限り,そこで辞めてしまって二度とやらなくなるか,
そこを押して頑張ると楽しくて続けるかに別れるのかなと。

まあ,できなくても困ることではないですけど,
私は久しぶりに子供の頃に味わった新鮮な体験が
できたのと体を動かすのっていいなと実感できたので
とてもよかったですheart02

また滑り方を忘れて恐怖を味わうんだろうか
という不安もあるのでまたすぐにでも行きたいですが
今シーズンはちょっと難しいです。

来シーズン懲りずにその恐怖に打ち勝てるのか…
乞うご期待ですsoon


人生初スキー

すっかりご無沙汰ですみません。

実は絵もちょっとご無沙汰しています。

というのも,普段ずっとパソコンに向かって
外にでることもなく仕事をしているので
ちょっと休みの日はこもって
何かをするよりゆったり自然の中で癒されたい,
もしくは体を動かしたい!という気持ちが強かったんです。

でも結局日常に追われてフラストレーションがたまって
いて何かしようかなと思っていたところなんか流れで
行くことになりました。ski

直に雪国の道路に積みあがっている雪や冬の山の景色をみるのも
初めてで最寄り駅についたときはうきうきでした。bullettrain

ところが…ついて早々に初心者講習を受ける為の場所に
行くのにリフトを三つ乗り継ぎ早速長めのコースを降りなければならないと!

なんとなく彼に教わるもよくわからず,
いきなりS字カーブの中級コースの合流地点が
ありそこで気づいたらお尻からこけました。

死ぬかと思いましたcrying!!!!

だって転んだのも初めてなんですもん。

とっさに横に体を倒すこともできず
しばらくお尻がつかず,しゃがんでしまいましたから,
どんどん落ちてコースを脱線し,お尻をついたものの
なかなかとまらず,となりのコースとのしきりの
ネットにかかり,ずぼずぼネットを抜きながらようやく
止まれました。ng

なんでこんなところいきなり滑らすんだ!!!
大げんかです(笑)

翌日の講習の先生からはうちは初心者コースでも
初めての人には難しい方だと思いますよ。
難しくなかったですか?って言われました。

やっぱり!!

そして本気で泣きました。初日はとにかく泣きました。
ゴーグルしているとはいえ,こんなに人目はばからずに
泣いたのはひさしぶりでした。本当に子供のようでした。

その後講習もうけたのですが初日はあまりよくわからず
それでも帰るには逆向きに降りるリフトか斜面を降りるかの
二者択一しか無いのです。

どちらも恐怖です。でもやるしか無い。
コントロールがきかないまま滑るのってどんな緩やかでもとにかく
怖くて,まして中級者コースも通らないと返れないとなると
板を抱えて降りても怖くて何かもが嫌になりました。

一泊二日の予定でリフト券2日分はもう購入済みだったのですが

もう明日は帰ろう・・・そんな気分でしたshock

続く・・・・

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スイーツデコ参考本

無料ブログはココログ