« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

噛まれたっっっっ

昨日の夜,いつものようにやってきたこやつ

Shimacat5








いつものように香箱を組むこやつに,
首すじを撫でてやると顔を私の手の方へ
傾けて気持ち良さそうにしてました。
さらに,おすわり状態から撫でてと
言わんばかりに頭を上に突き出して来たので
眉間から頭上にかけて撫でてあげました。
これ,特に喜ぶんです。
そして,また香箱を組んだので首筋を
撫でるとくるっと仰向けになりお腹を
見せたのです。
 「よしよし^^もっとかわいがってあげよう」
と思った矢先

いいいったあああ〜!!(><)


外の玄関先でしたからご近所にも聞こえたでしょう。

私の叫び。

そうです。お腹を見せてまた,起き上がったと思ったら
いきなりカプッっと腕を噛まれたんです。

この時は,手,出してないですよ。

なんで???
分けもわからず,でも猫にしてはいけないことを
教えるときに霧吹きを吹きかけると殴ったりするより
いいと聞いていて,なぜかとっさに自分の腕を洗い流すより
そばにあった霧吹きでこやつに向かって霧吹きしました。
すると,逃げるものの懲りているのか懲りてないのか
わかりませんが,すぐ戻ってこようとして
「にょ〜ん」と甘えた声を出してきました。
内心「にょ〜ん」じゃない!!と思いながら,今度は,
自分の腕を水で洗い流しにいきました。

見ると,腕の外側,手首と肘の間に四つの歯形の穴があいているじゃないですか。
傷口は小さいものの奥に深くて筋肉がズキズキ痛い。
血と一緒に体液も流れてる。

悲しいのと痛いので思わず涙が。
そして,とりあえず泣きながらマキロンをかけていると
新たな穴を四つほど発見。小さいものの周辺は赤くはれあがっているのです。
これは腕の内側だったので気づかなかったんです。
穴の個数と間隔と擦ったあとの傷で,
これは,爪も刺したなとわかりました。


どうしたらいいか…猫博士の彼もじつは一度経験してますが,
特に病気が移ったりということはなかったのですが,のら猫は,
病気を持ってることもあるしということで調べても早く病院に
いって抗生物質をもらって飲むのが良いとのことと
これはひどいというのでネットで夜間診療をしている病院を教えてくれるところへ
電話して紹介してもらった夜間病院へ・・・・・

とりあえず抗生物質をもらい,新たに消毒と黄色く染まったガーゼを腕にぐるりと
巻かれ更に包帯もされてこんな感じに。

Houtai_2








傷口は小さいのですが腕をぐるりと一周するように
等間隔に穴があいているのでこんな大げさな感じになりました。

熱がでたり,もっと腫れてひどくなったらもう一度くるようにと
言われました。ひどいと感染している部分の切除もあるそう。

一日経って痛みは昨日と変わりないくらいなので大丈夫
だと思うのですが,ちょっとした動きでも腕には
力が入ってしまうのでその度にズキンと痛みます。

ううう。代償は大きい・・・・でも.猫は猫の理由が
あってしたことなんだろう。それは,猫にしかわからない。

またかわいがりたいけど,傷が治るまで,ちょっと怖さが
残りそうです。見てるだけにしよう・・・・

最近,環境が変わり忙しくなり,今までより描けないので
これから更新間隔が開いてしまいそうです。
絵のことで忙しくなりたいですけどね(笑)

これは,忙しくなる前に描いたものです。
ちょっと肌が黒すぎるとのことです。また,
指の重なりの部分も工夫が必要とのことでした。

私は,どちらかというと肌の色は白い方なのですが,
手のひらは血色がよく赤みを帯びているのでそれを
そのまま描くとちょっと黒すぎる肌の色になってしまうよう
デス。なので,次は,もう少し一段階明るく描きたいと思います。

Tenohira_2

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

き,きたっ!

もうこないと記事を書いたばかりなのに…
かれこれ10日ほど見てませんでした。
だからもう来ないかと思ってました。
だけど,今日の夕方ふらりとやって来た!
どこかしら寒くなって毛が長くなったからなのか
ちょっと丸く太ったようです。

ウレシイ☆元気でなにより☆
でも,やはりどこかで飼われているのかも
しれないという可能性はあるかも。

様子を見ていこう引っ越しの日まで…

もうこない

いつかのまだのら猫。
ここのところとっても仲良くなっていました。
今すぐは無理だけど引っ越しを考えているので
この子が飼えるところがいい。そう思っていました。
ところが,突然ぱったりと来なくなったのです。
車に轢かれたのか,保健所に連れて行かれたのか,
誰かに飼われたのか…

今日は,来ているんじゃないかと毎日確認する日々。
せめて誰かに飼われて幸せに暮らしていて欲しい…
寂しいです。

Shimacat8_4










Shimacat7_2












Shimacat6_3










Shimacat5_2

りんご3

しつこくりんごです。

頂いた講評は,
表面の「模様」を描く方向ならばこれでいいと思います。
デッサンにはいろいろな目的があって、図鑑のイラストなどはこの延長線上にありますね。
影の形がもう少しりんごの底を囲むようになっているほうがいいでしょう。
(といっても、左右対称にはならないように)

とのことでした。

模様を描かないとなるともっとトーンに工夫がいるんでしょうか。
これでいいのかなという悩みはまだつきません。

Ringo9

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

りんご2

描き直したのですが…駄目でした。
暗部がひろがりすぎたのか影ではなく
色の濃淡にもみえるとのことでした。
うーん。りんご特有の筋状の模様を
描き込んでいるときに失敗しているのか,
影の付け方をもう少し工夫すべきか…
もう一度チャレンジです。
Ringo7

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スイーツデコ参考本

無料ブログはココログ